複数の引っ越し会社のサービス比較で節約生活


暮らしと生活の賢い引越しは、計画的な準備から

引越しは始めから終わりまで、たくさんの行程を踏まなければならず、費用も選択と方法によって随分違ってくるものです。

ご結婚・就職など暮らしと生活を新しい場所で始める方には引越しの準備が必要になります。

暮らしの中で、心機一転、新しい生活を始めようとされる方もいらっしゃるでしょう。

暮らしの中で、引越しをスムースに、そして、費用を安く抑える為には計画的な準備が必要です。

まずどこに引っ越すのか、引っ越すためのお部屋探しから始まるでしょう。

お部屋探しは、出来るだけ信頼と安心の出来る業者をまず探すことを念頭おきましょう。

ネットなどの口コミ検索を利用したり、他のメディアで調べたり、引越しをされる場所で不動産屋を探すということもあるでしょう。

引越しの段取りは、お住まいになるお部屋が決まってからになります。

引越しにかかる費用というものは、その引越し業者の価格の相違や、更に、業者との綿密な交渉によって、最初に見積もりされた価格よりも、相当、費用を低く実現することも可能です。

単身の引越しでも、ご家族の引越しでも、まず、引越し業者を決定するためには、複数の業者から大方の見積もり価格を一括請求して、価格比較をすることから始めることです。

あらかじめ、一通りのサービス内容をきちんと把握しておくことが大事です。

その後、数社の引越し業者に直接、担当の営業に見積もりをさせる時には、見積もりよりも更に安く費用を抑えるための交渉をすることによって、更に、費用を値引きさせることも可能です。

適切なサービス内容で、納得と満足の行く引越しを実現して新しい生活を満喫してください。


賢い節約生活のための計画的な引越しの方法

下準備

引越しをしようと決めた後、引越し先を探すまで、まず何をしなければならないのか書いています。


引越し先を探す

下準備が終ったら、今度は引越し先を探します。そこで、何を基準でさがせばいいのか、どこで探せばよい物件が決まるのかを書いています。


費用の見積もり

その後は、引越し費用を見積もります。そこで、できるだけ安い会社を見つけるにはどうしたらいいか書いています。


引越し当日及び引越し後の手続き

引越し当日及び引越し後の手続きにについて




料金節約の為の引っ越し見積もりサイト

会社の中でも、時と場合によっては単身引越をしなければならない時があるでしょう。

やはり、家族をおいて、一人で、赴任地での仕事は辛いことかと思いますが、仕事の為には、しかたが無いことですね。

単身引越しする場合の引越しのプランは、やはり、単身での引越しを専門に扱っている引越し会社にお願いするのが、経済的かもしれません。

残された家族の生活とこれから始まる、単身赴任での生活を考えれば、格安の引越し業者があれば助かります。

転勤や単身赴任で、引越しをお考えの方なら、「単身引越」専門のサイトがおススメです。


お引越しは、お金がかかるものと思っていらっしゃいませんか?

大切な暮らしの移動にもできるだけお金をかけたくない。

そんな節約志向のご家族の引越しに役立つさサイトをご紹介します。

引越しは価格比較で、大きく変わってきますから、出来るだけ無駄のない節約できる方法をご選択ください。


【賢い節約生活の引っ越しサービスの見積もり・一括比較】

引越し料金はできるだけ安くしたい!

引越しは、精神的にも物理的にも負担のかかるものです。

できるだけ安く引越し料金を抑えるということは、どなたも感じることです。

引越しの節約には、やはり、複数の業社から見積もりを取ることがまず基本です。

HOME'S引越し見積もり




賢い引越しの節約術【1】:下準備

人生の転機には、結婚や進学、就職、転職などにより引っ越しの必要が伴う場合があります。

引越しをしようと決めた後、1ヶ月程前からいろいろとしなければならないことがあります。

役所や会社など、様々な場所に引っ越しに伴う変更届けをしなければなりません。

代表的なものは次の通りです。

電気・ガス・水道

それぞれの領収書などに連絡先が書かれていると思うので、余裕をもって、何日で止めてくださいを連絡しておきましょう。

電話の移転:116に電話し、電話番号が移転する事を伝えておきます。

転出届け:市役所で転出の届出をします。

郵便物転送依頼:旧住所に届いた郵便を、新住所に転送させるために必要です。新住所が決まったら、郵便局に届出をしましょう。

国民健康保険、年金や各種保険:国民健康保険や年金は市役所に、各種保険はそれぞれの代理店で住所変更の手続きをします。

その他:新聞などのサービスを利用していた場合は、それぞれ連絡しておきます。




不用品の処分

荷物は多ければ多いほど引越しの料金は高くなります。いらないものを探して、出来るだけ早く処分しておきましょう。しかし、近年成立した家電リサイクル法により、大型家電の処分にはお金がかかってしまいます。

引越で出た不要品まとめて売る

いらない物を買い取ってくれる業者を探す事ができます。忙しい方には出張鑑定際サービスを実施しているところもありますし、お金を払って処分すべきもので、逆にお金がもらえる場合があります。

大家さんには1ヶ月前には退去通知を

大家さんには、必ず1ヶ月前には退去する旨伝えておくようにしてください。もし、直前に退去となると、通知した日から1ヶ月分の費用を請求されることもあるので注意しましょう。

引越し費用をキープしておく

どんなに安く浮かせようとしても、引越しにはそれなりのお金がかかります。一人暮らしでは20万円、家族ごとの場合は40万位のお金はキープしておきましょう。

荷造り

引越しの2~3日前になったら、ダンボールなどに必要な物を入れ、荷造りをしておきます。もし、家族での引越しの場合は、引越し先のどの部屋に置くものなのか、札みたいなものをつけておくと当日楽になります。

●下準備
引越しをしようと決めた後、引越し先を探すまで、まず何をしなければならないのか書いています。

●引越し先を探す
下準備が終ったら、今度は引越し先を探します。そこで、何を基準でさがせばいいのか、どこで探せばよい物件が決まるのかを書いています。

●費用の見積もり
その後は、引越し費用を見積もります。そこで、できるだけ安い会社を見つけるにはどうしたらいいか書いています。

●引越し当日及び引越し後の手続き
引越し当日及び引越し後の手続きにについて



賢い引越しの節約術【2】:引越し先を探す


引越し先を探す基準というのは、やはり家賃です。

しかし、家賃だけで決めては、後々面倒なことになりかねません。様々な条件を加味した上で決めるべきです。

ネットで探す

引越し先が、県を挟むなど、遠くにある場合は、ネットで検索してみましょう。大手のサイトですと、様々な詳細検索を行えて掲載物件数が多く、ご希望の物件が見つかると思います。特に、近所の物件一覧が見れるマップ機能が便利です。 お部屋探しは【タイミングと決断力】人気物件は無くなる前に速攻チェック! たくさんのサイトをみてまわり、よい物件が見つかったら問い合わせてみましょう。



学生の場合は学生マンションがおすすめ

学生の場合は家で飲み会をしたり、夜遅くまで起きている事もおおいものです。しかし、一般のアパートに住んでいると、苦情を言われるところも少なくありません。同じ環境の人が住む学生マンションの場合、そのようなトラブルが少なくなります。



地元の不動産屋で探す時間のある場合は、直接近所の不動産屋に出向いて探してみてもいいでしょう。地元に地盤を張った不動産屋でしたら、条件にあった物件を探してくれ、そのまま直接下見にいけるのが利点です。

部屋探しはまず、絶対条件はなにかを考える

部屋探しはまず、家賃は○万以下でなければならないなどの、絶対条件を考えましょう。そのうえで、プラスアルファーを加味して物件を絞っていきます。

間取りでの条件・家賃・販売価格

ごく当たり前ですが、最初にここを見ましょう。日当たりは、かなり重要です。できれば南向きのものを、その後で、窓から見て日光を遮るものはないか見ておきましょう。 もし、すぐ近くに空き地があった場合、そこに家などが建つことを視野に入れておきましょう。

建物の構造、一般的に鉄骨よりも木造の方が安いです。木造の場合、音が漏れやすいので、注意しておきましょう。

建築年数、あまり考慮に入れる必要はないかと思いますが、あまりに古い場合には、耐火構造になっていない可能性がありますので、大家さんによく聞いておきましょう。

収納スペース、やはり、収納はあったほうがいいです。下見の際よくたしかめておきましょう。そこに住む自分を想像してみるもしそこに住んだとき、どのように家具を配置し、どのように生活しているか思い浮かべてみましょう。

周辺環境の条件・交通の便

駅まで何分か・・それは相当重要です。渡された紙に書かれた、○○まで何分という言葉を鵜呑みにせず、地図などでその位置を確かめておきましょう。

コンビニ・スーパー、次に重要なのがコンビニやスーパーが近くにあるかです。もし、歩いていける距離に激安スーパーなどがある場合は食費の節約も期待できます。

周辺に何があるか、もし、すぐ近くに鉄道があった場合は、騒音の可能性があります。周囲200メートル位に何があるかは把握しておきましょう。

ガスや水道、ガスは都市ガスかプロパンか水道が高い自治体かなど、余裕があったら調べておきましょう

あれば便利な道具

ビーダマ・部屋が傾いている可能性もあるので、一応持参しておきましょう。

方位磁石・貰った間取り図が必ずしも正確とはかぎりません。一応確かめておきましょう。

デジタルカメラ・出て行くときに、大家さんともめる可能性もありますので、そこに住む可能性が高い場合は撮っておきましょう。 さらに、家で物件を吟味する場合にも役立ちます。

◆下準備
引越しをしようと決めた後、引越し先を探すまで、まず何をしなければならないのか書いています。
◆引越し先を探す
下準備が終ったら、今度は引越し先を探します。そこで、何を基準でさがせばいいのか、どこで探せばよい物件が決まるのかを書いています。
◆費用の見積もり
その後は、引越し費用を見積もります。そこで、できるだけ安い会社を見つけるにはどうしたらいいか書いています。
◆引越し当日及び引越し後の手続き
引越し当日及び引越し後の手続きにについて




賢い引越しの節約術【3】:お引っ越しの見積もり


便利なネットでの一括見積もり

会社によって、固定費だけが異様に高かったり、運送費が高い、運ぶ荷物の単価が高いなど様々です。

さらに、私達には全く関係ありませんが、企業が大々的に行った広告費などが上乗せされている可能性もあります。

ある会社では、30万、他の会社では15万などと見積もられる金額が大きく違う可能性があるため、 引越しをする際一つの会社で即決するのではなく、様々な会社で見積もってもらう必要があるます。

普通に何社も見積もってもらうには意外と面倒です。

しかも、1回家まで来て見積もってもらった場合、断るのが結構面倒です。ここで、ネットでの一括見積もりがおすすめです。

大半は、おおまかな引越し元と引越し先の住所や、運びたい家具などの情報を打ち込むだけで、匿名で何社にも情報が送られ、金額だけが返ってきます。

その金額を見て、気になった会社に直接アポイントを取って実際に来てもらうというスタイルです。

どこも、見積もりの段階は無料なので、引越しをする際は登録してみるといいと思います。

HOME'S引越し見積もり




◆下準備
引越しをしようと決めた後、引越し先を探すまで、まず何をしなければならないのか書いています。
◆引越し先を探す
下準備が終ったら、今度は引越し先を探します。そこで、何を基準でさがせばいいのか、どこで探せばよい物件が決まるのかを書いています。
◆費用の見積もり
その後は、引越し費用を見積もります。そこで、できるだけ安い会社を見つけるにはどうしたらいいか書いています。
◆引越し当日及び引越し後の手続き
引越し当日及び引越し後の手続きにについて



賢い引越しの節約術【4】:引越し後の手続き


引越し当日及び引越し後の手続き

引越し当日・貴重品は必ず確認して手荷物として自分で管理すること。カードや通帳、株券などの貴重品は必ず自分で持っていてください。

壊れ物は前もって申告しておくこと

ダンボールに入った花瓶のような壊れ物は、必ず前もって申告しておきましょう。また、言われた人が運ぶとも限らないので、「取り扱い注意」のようなシールを必ず貼っておいてください。

引越し業者さんへチップは必要?

住む地域によって引っ越す際、作業員に数千円のチップを渡す風習があるそうですが、サービス料は見積もりの金額にすべて含まれているため、基本的には渡す必要はありません。ですが、どうしてもと言う人は作業に取り掛かる前に渡してみましょう。いつもよりよい仕事をしてくれるかもしれません。

引越し終了後の手続きなど

新しい場所に引っ越してきたらまず、役所などに届けをしなければなりません。

その一例を紹介します。

・転入届け
まずは転入届けです。役所に届けをだしておきましょう

・印鑑登録
これも役所で行っておきます。

・運転免許証・車庫証明書
警察署へ申請します。とくに免許証は身分証明にも使いますので忘れないようにしてください。

・自動車登録変更
自動車の所有場所の変更を陸運局に届けるために必要です。

・近所の挨拶まわりについて
昔は、引越しの際必ずソバを持ってあいさつ回りに行っていたらしいですが、現在は少ないようです。基本的に、首都圏に住む人はしなくてもいいと思います。お菓子などを持っていっても嫌がられる事もあります。どうしてもという人は、挨拶だけにとどめておいた方がいいと思います。逆に、田舎では町内会などが活発に動いている所も多いため、お菓子などを持っていっても大丈夫だと思います。

HOME'S引越し見積もり





◆下準備
引越しをしようと決めた後、引越し先を探すまで、まず何をしなければならないのか書いています。
◆引越し先を探す
下準備が終ったら、今度は引越し先を探します。そこで、何を基準でさがせばいいのか、どこで探せばよい物件が決まるのかを書いています。
◆費用の見積もり
その後は、引越し費用を見積もります。そこで、できるだけ安い会社を見つけるにはどうしたらいいか書いています。
◆引越し当日及び引越し後の手続き
引越し当日及び引越し後の手続きにについて




What's New!

OchiBo生活 節約レシピ:懸プレ情報

インターネットを利用した節約主婦のお小遣い生活で暮らしも充実させていただけるようになり、世の中の経済やビジネスというものを学べる良いきっかけになりました。 また、ネットの環境さえ整っていれば、今スグに誰でも無料で始められるというのがいいです。後はやる気さえあればどんどん収入を得る事ができます。生活の中で節約を意識しながら、空いた時間を利用することによって少しでも家計が潤い、暮らしの価値を高めることができます。
サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス