電気代の節約エコレシピ


東日本大震災において、東日本での物資の不足や原発問題による電力不足など、これから電力の消費量が増える時期でもあり、私たちの暮らしと生活にとって、とても多くの問題です。

今、とっても節約が求められている時でもあるのです。

電気をはじめ、ガソリンなど、出来る限りの節約を心がけたいものです。

簡単、エコな節約術として、今日は電気についてお届けします。

ます、電気代の節約の王道として、電化製品の待機電力を減らすということ。

テレビやDVDなど、AV機器など、なるべく使わないコンセント抜きましょう。

面倒だという方は、スイッチ(タップ)付きの延長コードを使い、使わないコンセントのスイッチを切るというのがおすすめですね。



ただし、アイロン、掃除機、ドライヤーなどは、コンセントが差さっていても待機電力は必要としません。

でも、電気の安全のことを考えれば、アイロンやドライヤーなど電機の消費量の高い機器は、広い意味での簡単エコな節約術として、コンセントを抜く、または、コンセントのスイッチを切るという習慣がおすすめですね。


十年ひとむかし(一昔)なんていう言葉がありますが、古い電化製品と最新の電化製品とを比べれば、電力消費量をかなり違うようです。 また、同じ電化製品でも、安価なものは、使用するときに電気の消費量が高いものが多いようです。 製品によっては、倍近く違うこともあるようです。


新しく電化製品を買い替える時には、出費がかさみますが、使用する電機の簡単なエコ節約を望むのなら、省エネタイプの家電製品を選ばれたほうがよいでしょうね。

パソコンは、常時、インターネットに繋ぎっぱなしという方もおられるかもしれませんが、利用しない時には、豆に電源を切るようにしましょう。

でも、パソコンの電源を入れる時の電力は、二時間つけっぱなしの状態の時と同じくらい電力を消費するそうですから、2時間以上使わないという場合に、電源を切るようしましょう。 少し使わないという場合は、スリープ状態に。

トイレの暖房の便座は温かくなって来ればなるべく切るか、低い温度設定を選択するようにし、便座の蓋は常に閉めるようにしておけば、保温効果もありますから、電力が節約できます。

これから暑くなってくると、「打ち水」がおすすめですね。

気化熱を利用した天然冷房みたいなもの。

涼しくなった気がすだけとおっしゃる方もいるかもしれませんが、実際に「打ち水」することによって、周囲の気温を2度程度下げることが出来るのですよ。

日中の気温の高い時には、家の壁や部屋の外にあるエアコンの室外機の周辺に打ち水をすることは、簡単エコな電気の節約につながります。



★おすすめの省エネグッズを楽天で見る

節約生活は暑さの頂上決戦!エアコン光熱費の節約対策

節約生活を実行する上で、暑さ対策、夏の暑さとどのように戦って暑さと上手に付き合っていくかということは、とても大切なことですね。

夏の暑さを制するものは、「節約術を極めることにつながる」という事で、夏のエアコンの稼働率を最小で最大の効果をもたらすためにとても参考になると思いますよ。

【即効! 節約術】エアコンを制するものは夏の光熱費を制す! 夏の節約大作戦

うっとおしい梅雨もやっと明け、楽しい夏の始まりですね。ただ、夏の電気代がぐっと上がる! と悩む人も多いのでは? 夏の節約の大敵、それは「エアコン」のせい。家庭の消費電力の4分の1を占めているのですから当然ですね。そこで、エアコン代を削減するテクニックをいろいろ考えてみましょう。

・窓を全開にして網戸にし、扇風機を使う。
・ぬれタオルを首に巻く。※扇風機と併用すれば効果倍増
・水風呂、冷水シャワーを浴びる。
・早起きして朝の涼しい時間帯に行動する。
・寝る時は扇風機の風を足元に。
・氷枕やひんやり枕を使用する。
・敷布団に「ゴザ」のマットをひく。
・麻の寝具を使う。

記事の詳細は、コチラ→マイコミジャーナル




夏の節約生活、暑さ対策グッズ

■ひんやり気持ちいい冷却ヘアバンド

小林製薬 熱さまひんやりヘアバンド


■使い心地がいいソフトな感触

アイスノンピロー


■夏の暑さ・熱中症・クールビズ対策に!

冷感スカーフ



保冷まくら、汗ふきシートの節約グッズ人気~電気代の節約


夏の節約の鍵を握るものの一つとして、エアコンがあります。熱い時をいかにエアコンの使用を最小限にして、最大限の効果を発揮するかで、節約の知恵が試されますね。節約志向の強いこのご時勢に、商品を売る側も、消費者側の観点から売れる商品をプレゼンテーションしなければ、時代のマッチした売れる商品を開発することは出来ませんね。

でも、夏の、暑さ対策グッズと言えば、やっぱり、「あれと、あれ」ですね。

保冷まくら、汗ふきシート…。暑さ対策、節約グッズが人気


汗をふき取るシート状の制汗剤をはじめ、「暑さ対策」商品の売れ行きが伸びている。エアコンの電気代を節約しながら涼めることが一因とみられ、夏の日用品商戦にも消費者の節約志向が投影され始めた。

枕タイプなど15商品がそろう保冷剤「アイスノン」の販売元の白元では、7~9月の売上高をシリーズ全体で前年同期比50%増を見込んでいる。特に、首に巻いて料理や洗濯ができる「首用アイスノン」は主婦に好評で、7~9月の売り上げは前年同期の5倍に達する見通し。水にぬらすと冷たくなり、何回も使えるスカーフタイプも追加し、一層の販売拡大を狙う。販売好調の理由について同社は「エアコン代わりに使う人が増えた」と語る。

特殊な布と冷却ジェルをはりあわせ、冷たさが8時間続く「熱さまシート」を取り扱う小林製薬の場合、4月に発売したヘアバンドタイプの売り上げは7月中旬までに2億円を超え、平成22年3月期の目標である3億円に近づく勢いをみせる。子供の発熱対策として売り出したが、同社も「(エアコンの)電気代を切り詰めるため、生活防衛のための購入者が増加した」と話す。

資生堂の制汗剤「ふくだけ洗顔シート」の1~6月の売り上げも前年同期より3割増えたほか、ライオンの制汗シート「バン リフレッシュシャワーシート」も前年の2倍近い販売を続ける。気象庁によると8月の気温は沖縄・奄美地方を除き、平年並みか下回る見通し。関係業界は「もっと暑くなれば」と追い風を期待している。

MSN産経ニュース



冬の光熱費は節電対策。節約生活の重要なポイントです


自宅でスキーウェアを着て過ごすのは寒い冬の節電対策

ここ数日、寒さが厳しく感じる日が続いています。 天気の良い、日差しが注ぐ日中にもかかわらず、
時折、感じる、紫外線の日差しの温かさとは反対に、かぜの冷たさに、ぶるぶると震えて身を縮める寒さですね。 こんな寒い日は、家の中にいても、部屋の温度計は、10度前後をさしています。

やはり、10度になると、暖房を使用するか、衣服の重ね着などで防寒対策をしなければ、寒くて体が動きません。 ですが、エアコンの暖房は、寒くてもなるべく使わないようにしています。 夜、寝る時や、寒い朝の少しの時間だけに限って使用するようにしています。

それじゃあ、この数日の寒い日中はどうするかと言いますと。 我が家は、スキー一家なんです。
でも、今シーズンは、何かと家計の出費が多く、まだ、一度もゲレンデには、行けずじまい。 そこで、まだ一度も、本来の役目を果たしていない、暖房費の節約としてスキーウェアが登場します。

スキーウェアって言うのは、防寒具としては、最高かもしれません。寒いところでスポーツとして使用するので、機能的。 だから、我が家では、寒い冬日中は、スキーウェアを着て過ごしています。 でも、突然お客様がお見えになったら、脱いで出て行くのに、少しあわててしまいます♪

最近は、厚着にも慣れてしまって、主人が帰らない日には、 そのままの服装で寝ちゃったりしています。 これって、電気代の節約の為なんですよ。

電気代の節約術~節約生活術と知恵

節約生活・光熱費

【節約は「ムダ」を省くための、身近で出来る地球に優しいエコ活動♪】

電気代の節約

待機電力を節約(電化製品はメインの電源を切る)
待機電力をご存じですか?リモコン、タイマー、メモリーといった機能を組みこんでいるテレビやビデオ、ステレオ、エアコンなど。これらはスイッチがOFFでもコンセントを差しているだけで電力を消費しています。こうして使われる電力を「待機電力(待機時消費電力)」といいます。
全国の家庭・事業所を合計すると相当な量になり、日本の全電力消費量の10~15%を待機電力が占めているとも言われています。

使わない機器はこまめに主電源から切ったり、コンセントを抜く習慣をつけましょう!節約の第一歩です!

◆エアコン・冷暖房の電気代の節約

1・我慢出来る範囲で使用を控える
基本はコレに尽きますね♪ エアコンは1時間で15~25円と相当の電気代がかかります。だらだら、使用しないように、タイマーを効果的に使いましょう。
エアコンは寝る直前ではなく寝る30分前に電源を切ると、1日につき約13円の節約になります。年間にすると大きな節約になりますね。

2・定期的にフィルターのお掃除を
エアコンのフィルターの掃除は、分かっていても面倒で購入から全くしていない人も多いかと思います。せめて1ヶ月に一回程はフィルターの掃除をしましょう。フィルターが目詰まりすると、カビ臭さの原因になるだけでなく風量が低下して電気代が多くかかってしまいます。

3・設定温度を見直す夏は28度、冬は21度を目安に設定しましょう。設定温度を2度上げ下げすることで、約15%の電気代を節約できます。こたつの場合も設定温度を「強」から「中」に下げて、上掛けに毛布を重ねたり、敷布団を厚めにすることで、寒さを防ぎながら節約ができます。


4・室外機の置き場所に注意する室外機は直射日光が当らない場所、また近くに物を置かないようにしましょう。
室外機を風通しのよい日陰におくと、約5%の省エネになります。
室外機にベニヤ板やすのこをのせて日よけをするだけでも効果があるんです。
カバーをかけたり前に植木を置いたりすると熱交換ができず逆効果なので要注意!

5・冷房での節約  
夏は強い日差しで窓から熱が入ってきます。
冷房効果を高める為、熱が入るのを防ぎ、カーテンは出来るだけ閉めましょう。
厚手のもののほうが効果的ですが、レースのカーテンだけでも効果がありますよ。
夏は涼しくて冬は暖かい 省エネカーテン もおすすめです。
カーテンを閉めるだけで、1ヶ月383円の節約に
                                       
6・暖房での節約
部屋の熱の10%近くは窓から逃げてしまうんです。
隙間風を防ぐ為に、床とカーテンの裾の隙間や、部屋のドアの隙間をバスタオル(棒状に丸めたもの)を置くことで暖房効率をアップさせることができます。これで暖房の設定温度を2℃下げれば、1時間約3円の節約になります。
ホットカーペットを使う場合、床とホットカーペットの間に断熱シートを敷くと、熱が床に逃げるのを防ぐので、温度設定を「強」から「中」にしてもあたたかいです。その場合、1日5時間使用で1ヶ月約700円の節約になります。

7・その他
夏場も扇風機を使うと、空気の流れができるから、効率よく部屋を冷やすことができます。
これで設定温度を2℃下げれば、扇風機の消費電力を差し引いても電気代は大きく節約できますよ。

夏は涼しくて冬は暖かい 「省エネカーテン」 はおすすめです。
光と熱を反射する光沢のある特殊繊維を使用しているので、太陽熱を反射して部屋の温度が上昇するのを抑えます。断熱効果があるので冷房効果がアップします。


◆冷蔵庫の電気代の節約節約

1・なるべく開閉しない
冷蔵庫を空けると、約10秒ごとに1度、冷凍庫だとそれ以上の温度が上がり、それを冷やすために多くの電力を消費します。

2・詰めすぎ注意
冷蔵庫に必要以上物を詰め込むと、冷気がまんべんなく広がらなくなり負担をかけてしまいます。70%をメドに入れてください。特に、冷気口の近くに入れてしまうと凍ってしまいます。

3・設置場所には隙間を空ける冷蔵庫と壁が密着してしまうと、放熱の効き目が薄れてしまいます。なので隙間を空けておきましょう。また上に電子レンジ等を置く場合は耐熱プレート装備のものを使ってください。

4.季節間での温度調節
冷蔵庫の中には、室内温度調節のつまみがあるはずです。そのつまみを夏は強めに、冬は弱めに設定しておきます。

◆掃除機での節約
スイッチの切り替え時は多くの電力を消費します。まず、どこにはどの程度の強さでかけるのかを頭に入れておきましょう。
ゴミパックにパンパンになるまでゴミが詰まってしまうと、排気がうまくいかず熱くなってしまうので、そうならないうちに交換しましょう。


◆炊飯器の保温機能を極力使わない
朝炊いたご飯を夜まで保温した場合、炊飯時の同じくらいの電気代がかかってしまい、あまり効率的とはいえません。
そこで、一回の食事で余ったご飯をその日に食べる分は冷蔵保存、その日のうちに食べきれない分は冷凍保存しておくと効率的です。

◆節電タップで待機電力をカット
待機電力を言う言葉を知っている人も多いかと思いますが、コンセントを差し込んでいるだけで、たとえ使っていなくてもかかる電力のことです。
その待機電力が電気代の1割を占めるとも言われています。電気代を5000円の場合、500円は待機電力、結構な金額ですね。
そこで、節電タップが便利です。最大6個のコンセント(もちろん個別にも)を一度に切り替えができ、手間を取らせません。また、ほとんどの商品は過電流が流れると自動的にストップする機能も持ち合わせており、今流れている電力量を測定できるものもあります。


◆テレビの節約
テレビ・ビデオ・コンポ等々は、主電源から切らないと待機電力が流れ続けます。長期で出掛ける時は、冷蔵庫など以外必要ない所はすべてプラグを抜くようにするのも、節電になります。
画面が明るければ明るいほど電力を使います。見にくくない程度に少し暗めにしておきましょう。


◆購入する電化製品は省エネタイプを選択する。
技術は常に進歩しています。電化製品の買い替えの時には省エネタイプの物を検討してみてはどうでしょうか?
値段はそれなりに張りますが、今までの半分以下で済む場合も多いです。
大抵、電化製品は6年くらいは持ちます。もし、月200円節約できるのだとしたら、6年では、200×12×6で14,400の節約になるので、その金額で他の製品と比べてみてください。

【節約生活】:毎月の家庭の電気代を節約するコツ

ご家庭における毎月の電気代を押さえるコツ

普通、一般の家庭で使われているうちの、大方の電気代を締めている電化製品は、エアコン、テレビ、冷蔵庫、照明器具などで、大方これらが全体の占める割合の約7割といわれています。



電気製品は、10年一昔とよく言われます。


時代も電化製品も同じですね


形や中身といったものに無駄がなくなり、研ぎ澄まされて性能も家電によっては相当、効率がよくなっているものもあります。


普及すればするほど、更に便利に使えるように様々な改良が加えられていくのです。


節約ということを、長いスパンで考えた場合は、そのような区切りを、計算に入れた、使用というものは、大きく節約に貢献してくれる場合があります。


ですからこのような大型家電を買い換える場合当然、初期費用というか買い物をしなければなりません。


以前使っていたものよりも何割も電気代が安く、エネルギー効率のよいものを選べば、かえって節約につながる場合もあります。

時には、タイミングを計ることも大切なポイントの一つです。


でも、大型の家電製品のみが、消費電力が高いものとは、限りません。


小さい電化製品でも、これが意外と消費電力の高いものがあります。


例えば「、ドライヤー」や「アイロン」などです。


電気製品のなかで熱を発生させるものは、小さくても電気代がかかります。アイロンがけなどは、洗濯物をあまりシワにならような工夫をして、効率よく済ませるようにし、ドライヤーなどもなるべくタオルでよくぬれた髪を拭いて、短時間で済むようにしましょう。


また、更に、電気代の節約を徹底するのなら、使用する電気のアンペアを下げることで電気料金の基本料金が安くなります。これは、一度、変更すると毎月の決まった固定費の部分が節約出来ます。


でも、一度に使える電気が低くなるので、一度にたくさんの電気を使用するとブレーカーが落ちたりして、不自由を感じる場合があるのでその点で考慮が必要です。


そのような場合は、あらが締めどの位の電気が必要なのかその家庭のご家族の数や、部屋の広さやしようする家電製品をチェックしてから実行することですね。


突然、ブレーカーが切れたりすると、最近は、大抵の家電にマイコンなどが搭載されており、電気が切れたりすると、リセットされたりする場合があり、最初から設定をやり直さなければならなくなるときがありますので、注意も必要かと思います。


後は、なんといっても、節約はコツコツ、毎日の小さなことの積み重ねです。



「使っていない電化製品はコンセントを抜く」という習慣は、昔は、よく言われたものですが、今はコンセントを抜いてしまうと不都合も多いので、心の中で、「無駄遣い」という心のコンセントを抜くようにしてみてはいかがでしょう。




節約生活:電子レンジの上手な使い方


電子レンジレンジはとても便利な器具です。


家庭の電化調理器具としてなくてはならない電化製品です。


そんな生活に馴染んでしまうと、故障などした時には、調理にとても不便を感じるでしょう。


電子レンジは、調理時間を短縮させ、お料理の幅も広げることが出来ます。


極端に言えば、我が家のおかずは「チン」するだけで完成なんてことも出来るのですから。


・・・私の家庭では、よくあることです。




電子レンジに使用できる器や容器は、使用が限られています。


電子レンジを安全・効率的に利用するために、使えるものと使えないもの、また、限られた使用であれば利用出来るものなどを知っておく必要があります。


陶器は、基本的に使用出来ますが、高価な器の中には過熱することによって色が変色したり、火花が飛ぶような場合がありますので、注意が必要です。


金属性の鍋・器やホーロー製品は電磁波が通過せず、調理する素材を過熱することが出来ません。


紙製の容器や漆器・竹製の器などは、容器自体に熱が発生する場合があり、焦げたり、変形したりする場合があります。


タッパーなどのプラスチック製品、ガラス製の容器は、必ず耐熱表示のあるもの及び、電子レンジ使用可のものを使うようにし、それ以外のものについては、特に長時間の加熱は、危険なので避けた方が良いでしょう。


電子レンジで、食材を温めたり加熱調理する場合、ラップをすることが多いと思いますが、出来上がりを考えた調理によっては、ラップをせずに電子レンジを使うと更に美味しくなる場合があります。


例えば、炒め物やピラフ・焼き飯など作りたてのように「カリッ」と、「パラパラ」と仕上げたい場合は、ラップをしない方が、余計な水分を飛ばすことが出来るので美味しく出来ます。


基本的にラップをする場合、容器に対して温めた蒸気が逃げないようにピッタリと貼り付けるようにしますが、加熱するとラップ自体が縮むので、温めた後に形が崩れたりすることがありますからふっくらとした状態で仕上げたいなら、ゆったり余裕を持ってラップしましょう。


そうしないと、「肉まん」や「シュウマイ」などを冷凍から加熱した場合、出来上がりが「ペッチャンコ」になったりしてチョット残念なことになりす・・・。


What's New!

OchiBo生活 節約レシピ:懸プレ情報

インターネットを利用した節約主婦のお小遣い生活で暮らしも充実させていただけるようになり、世の中の経済やビジネスというものを学べる良いきっかけになりました。 また、ネットの環境さえ整っていれば、今スグに誰でも無料で始められるというのがいいです。後はやる気さえあればどんどん収入を得る事ができます。生活の中で節約を意識しながら、空いた時間を利用することによって少しでも家計が潤い、暮らしの価値を高めることができます。
サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス