【防犯対策】で暮らしの節約生活

日本に治安の悪化は個人の防犯対策が将来の節約生活の鍵


暮らしと生活の防犯対策は、可能な限り自衛手段を選択することが、節約生活にっても賢明な選択でしょう。


転ばぬ先の知恵。


将来に備えて防災と防犯対策は欠かせません。


年々、日本の治安状態は悪化の一途を辿っており、犯罪の発生率に反比例し検挙率が下がっている状態です。



様々なメディアで、事件や犯罪記事が事欠かない日々に、本当に物騒な世の中になったものだと感じます。



そこで、まず必要になってくるのが、自衛的な手段と方法です。



「自分を含め、大切な人や財産は、自分で守る!」ということから始めることが何より大切です。



今日から自前で出来る将来の財産を守るための今出来る節約生活のための防犯対策を実行していきましょう。




ドロボウ・空き巣狙いの対抗策


大切な家の鍵。


鍵対策については万全を期し、不安であれば複数の鍵をとりつけるようにします。ここで、一つ参考になるデーターをどうぞ。


ドロボウ・空き巣犯の心理として、鍵を開けるのに「5分以上かかる」と判断した場合その家をあきらめる率が高いということです。・・・ですから、一見、鍵が何処にあるのか、鍵穴ですね。決まった場所という以外のところに鍵穴を作れば、ドロボーの気を削ぐことになるかもしれません。


また、ドロボーに簡単に外から見て、留守だと察知されないような工夫も必要です。配達紙を取っておられる家庭は、必ず留守にする場合新聞を止めてもらうようにし、ポストや新聞から郵便物がはみ出さないような状態に常にしておくことです。


電話などは、ナンバーディスプレイで確認したうえで出る方も多いいでしょうが、一番注意しなければならなのが、非通知電話。頻繁に非通知でかかるようなことがあれば、居留守にすることを避け、対応してみることが必要な場合もあるでしょう。


安全な暮らしというものは、やはり個人で出来る範囲には限界があるものです。


暮らしている地域ぐるみでの防犯対策にも積極的に参加し取り組んでいくことが、犯罪を遠ざけることにつながると思います。


最近では、警備会社のサービスが、一般家庭にも普及しており、更に空き巣や事件・事故などから身を守る、確実な安全と安心をを買う方法もあります。


暮らしの中の節約生活の知恵は、防犯対策にもきっと役に立つはずです。



■地震・防災・防犯対策 -知識と心構え①
■地震・防災・防犯対策 -知識を学び心構え②
■地震・防災・防犯対策-地震と火災に対する防災知識③
■防犯対策~空き巣・ドロボー対策
■環境・エコ・リサイクル・地震・災害・ 防災防犯対策商品


関連記事




スポンサーリンク

防犯・防災の節約 |-

Copyright © 節約生活で暮らしを豊かにする便利なレシピ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*