地震・防災・防犯に対する節約生活の意識

防災知識

地震の時の火災に対する防災知識

暮らしの中の節約生活には、将来に備えるために必要なことがあります。地震の時に発生しやすい火災にすばやく対応するためには、消火器を設置しその正しい使い方を理解死、いざという時に使いやすい場所に備えておくようにしましょう。

また、家電製品の周りには、花瓶や水槽など水の入ったものは置かないようにしましょう。
ガスについては、揺れを感じて自動的に供給を停止するガス漏れ遮断機(ガスマイコンメーター)が設置されてる場合、地震時のその使い方や特性を理解しておきましょう。また、石油ストーブを洗濯物やカーテンなど燃えやすいもののそばには置かないようにしましょう。

家具や大型家電の家具の転倒防止対策

最近の住宅は、部屋の家具は作りつけのものが多く、昔のようにタンスなどの大型の家具を利用する家庭が少なくなっているようです。

家具の転倒防止対策

寝室や子供・高齢者の部屋、出入口付近にはできるだけ背の高い家具は置かないようにし、重量のある家電製品はできるだけ低い位置に置くようにしましょう。タンスや棚はL型金具などで壁の桟や柱に固定し、引き出しや観音開きの扉にはストッパーなどを取り付けるようにし、扉のガラスには、ガラス飛散防止フィルムを貼ることなどをおすすめします。

家電などの転倒・落下防止対策

テレビなどの重量のあるものは、金具や耐震シートなどで本体と台を固定し、家具など同様に、L型金具などで桟や柱に固定しておきましょう。天井の照明器具は、吊り下げ式の場合、落下防止のため複数のチェーンを使い補強するようにし、蛍光灯や電球は、割れても飛び散りにくい飛散防止が施されたものもがありますので交換時期には、将来の事故に備えた節約という観点から積極的に使用するようにしましょう。

■地震・防災・防犯対策 -知識と心構え①
■地震・防災・防犯対策 -知識を学び心構え②
■地震・防災・防犯対策-地震と火災に対する防災知識③
■防犯対策~空き巣・ドロボー対策
■環境・エコ・リサイクル・地震・災害・ 防災防犯対策商品
関連記事

節約生活:OchiBoレシピ

節約生活 OchiBo無料レシピ
毎日の暮らしの節約役立つ生活情報をお届けします。 サイト運営者:Hiromi

What's New!