①地震・防災・防犯対策:知識と心構え

防災の心得その①

「防災の日」に地震に対する心得や対策

地震が発生した場合の対応に自信はありますか?

地震は、場所や時を選ばず、突然襲ってきます。
いくら防災の知識があっても、実際、地震の際には
動揺してパニックに陥りやすく、冷静な判断・行動が出来ない場合があります。

とっさの時に、知識が十分に活かされるように、
ご家庭の中でも定期的に訓練されるのが
災害時に最大の効果を発揮するものと思います。

地震発生時の初期対応について
・落下物から身を守るために、丈夫な机やテーブルなどの下にもぐり、頭を座布団などで保護して、揺れが収まるのを待ちましょう。
・突然大きな揺れに襲われたときは、まずは自分の身を安全に守れるように心がけましょう。
・戸を開けて、出入り口の確保する必要がありますが、揺れの状況などを冷静に判断し、あわてて外に飛び出さないようにしましょう。
・食器棚やガラスなど割れると危険なものがある場所から離れるようにし揺れが収まるのを待ちましょう。


基本的行動としてはこのようなことがあげられます。

地震が起きた時に直ぐに行動に移せるとための準備をしましょう。
 大きな地震が発生した際に、その被害を最小限に食い止めるために
日頃から地震に対する正しい知識を学び心構えや地震に備えての準備が大切です。
家族の中で、お互いの安否の確認方法や情報を得るための
活用方法を事前にチェック確認しておきましょう。

地震に対する備えを万全に!
 深夜の地震にそなえて、枕元付近には、
懐中電灯やガラスが割れた場合にそなえスリッパなどを用意しておく。
食料の備蓄品は、めやすとして最低3日分程度の水と食料を用意しておきましょう。

また、非難する時に持ち出すための非常用の持ち出し品は、
玄関や寝室などいつでも取り出せるような場所に置いておきましょう。


被災地の方の安否確認を行う事が出来る伝言板
 ・公衆電話やダイヤル回線等から利用できる「災害用伝言ダイヤル171」
 NTTコミュニケーションズ
 ・インターネットから利用できる「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」
 NTT東日本
 NTT西日本
 ・携帯電話から利用できる「災害用伝言板」
  NTTドコモ

関連ページ
■地震・防災・防犯対策 -知識と心構え①
■地震・防災・防犯対策 -知識を学び心構え②
■地震・防災・防犯対策-地震と火災に対する防災知識③
■防犯対策~空き巣・ドロボー対策
■環境・エコ・リサイクル・地震・災害・ 防災防犯対策商品
関連記事

節約生活:OchiBoレシピ

節約生活 OchiBo無料レシピ
毎日の暮らしの節約役立つ生活情報をお届けします。 サイト運営者:Hiromi

What's New!